栄養クリニック

当院は、「食育」に力を入れています。
妊娠中の母は、将来家庭の料理長となる人であり、妊娠は家庭の食事を見直すきっかけになります。家庭の健康を担う妊娠へ、食の大切さ、食べ方の基本をお伝えする事で、将来の病気の削減につながるという考えのもと管理栄養士が個別に相談を行っています。

妊娠希望で食生活を改善したい方、妊娠中・授乳中の方、更年期障害でお困りの方や肥満症の方などの食事の改善や効果的な栄養補給の仕方などをアドバイスしております。予約の方が優先ですが、予約がなくても診察の持ち時間などにお呼びしております。

妊娠中の方
妊婦さん全員に妊娠12週で栄養相談を行います。妊娠中に必要な栄養(葉酸・ヘム鉄など)のとり方や食事や体質のチェックをして、体重の管理や気をつけたいことなどをアドバイスしていきます。妊娠中の体重管理はとても重要です。個々で異なりますが、体重が増えすぎるとお産が難産になったり、赤ちゃんが巨大児になったりします。反対に体重の増加量が少ないと低体重児が生まれたり、早産などのリスクが高まったりします。

当院ではフードスケール(院長特許取得済み)をお渡しして、妊娠中の体重増加が個別に分かるようしております。

 

フードスケール

 

16週で食物摂取頻度調査(DHQ-BOX)を行い、食事の栄養バランスをみます。20週でその検査結果を返却し、アドバイスをします。貧血や便秘など妊娠中の悩みにもお応えしております。より良い食生活を考えるきっかけになればと思います。

また、体重管理アプリが出ましたので、ご利用ください。
 

個別対応
妊娠糖尿病・妊娠高血圧・そのほかの持病など、気になる症状がある方は、個別にサポートしていきます。
入院中にも管理栄養士がメニューのチェックや病室での食事の相談などに応じております。
 
糖尿病に関する講演
2018/10/21(日)に「CDE-chibaフェスティバル2018」にて、
「当院における妊娠糖尿病の管理と食育」というテーマで当院の管理栄養士が講演を行いました。

ページトップへ戻る