婦人科外来

婦人科外来では、子宮頸がん検査を含む、子宮や卵巣の良性・悪性腫瘍の検査、子宮筋腫や子宮内膜症などの診断と治療を行います。また生理不順、無月経、不正出血などの月経異常や月経困難症などの診断と治療も行います。
 

思春期や更年期に起こりやすい月経異常や、更年期障害の症状に対しては、それぞれの症状にあわせた対処療法に加え、漢方療法やホルモン療法などにより症状の改善していくように治療を進めております。
 
クラミジアや淋病などの性行為感染症の診断と治療、経口避妊薬、子宮内避妊具のご相談に応じます。また、緊急避妊薬の処方とその処置も行っております。早めにご相談ください。
 
外来で対応できる小手術としては、子宮頸管ポリープ切除術、バルトリン腺膿瘍穿刺・開窓術、膣壁および肛門尖圭コンジローム切除術、皮膚腫瘍切除術などを行なっております。子宮内膜ポリープ切除術や流産手術は麻酔が必要となりますので、1日の入院と手術室での対応となります。
 
【月経異常】
月経は、排卵が起きた後に妊娠にいたらなかった場合、卵巣から出ていた黄体ホルモンと卵胞ホルモンが減少し、子宮の内側を覆っている子宮内膜が血液とともに子宮外に排出されるため起き、消退出血とも言います。
月経周期とは、月経の第1日目から次の月経の前日までの日数のことで、正常月経範囲は25-38日、卵胞期(月経初日-排卵日):12-24日、黄体期(排卵日-月経末日):11-14日、出血持続日数:3-7日。初経は10-14歳、閉経は43-54歳が正常範囲です。
これらに当てはまらない場合を月経異常と言い、25日未満で出血が反復する場合を頻発月経、月経周期が39日以上3か月以内のものを希発月経、月経周期や月経血量、月経期間からみて月経とは異なる出血である場合を機能性子宮出血といいます。
頻発月経は、初経から間もない時期や閉経前に見られ、排卵の有無により卵胞期の短縮、黄体期の短縮(黄体機能不全)、および無排卵周期症などがあります。希発月経は、無排卵周期症や卵胞の成熟が遅れることで卵胞期が長くなってしまうことが原因です。また14歳以降になっても初経がない場合を原発性無月経、43歳以前に閉経となってしまう場合を早発閉経と言い、卵巣本体や卵巣に指令を送る脳下垂体の機能に問題がある場合、子宮卵巣に形態的な問題がある場合などが考えられます。
 
月経周期には、脳の視床下部から分泌されるGnRH(ゴナドトロピン放出ホルモン)、脳下垂体から分泌されるLH(黄体化ホルモン)とFSH(卵胞刺激ホルモン)と、卵巣から分泌されるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)などのホルモンが関与します。システムを制御する上で、あらかじめ設定された目標値に対しそのずれを検出して、目標値に近付けるように制御し、安定を図る仕組みを「フィードバック機構」と呼びますが、これらのホルモン分泌は体の状態を一定に保つ(恒常性維持)ために、「視床下部-脳下垂体-卵巣系」の枠組みの中で、正と負のフィードバック機構により巧妙にコントロールされています。
月経異常は、この視床下部-脳下垂体-卵巣系において、内部および外部からの影響でそれぞれの組織の働きに不具合が生じ、ホルモン分泌が正常に行われなくなることで起こります。例えばダイエットを行う若い女性に多い「体重減少性無月経」は、体重の急速かつ大幅な減少が視床下部の機能に影響を与えていることが推察されています。またストレスや精神的な悩み、不規則な生活、糖尿病や甲状腺疾患などの病気が原因になることもあります。
 
月経異常の原因検索のためには、まず視床下部-脳下垂体-卵巣系のホルモンである、LH、FSH、エストロゲン、プロゲステロンなどのホルモン測定を行います。これらのホルモンは月経周期の中で変化しながら分泌されますので、検査を行う時期が重要です。LHとFSHは月経7日目までの初期値として、エストロゲンは月経7日目までの初期値と排卵時に卵胞期のピーク値として、プロゲステロンは排卵後7日目頃の黄体期のピーク値として評価を行います。視床下部から放出されるゴナドトロピン放出ホルモンは、抹消血液中では濃度が非常に低く、血中濃度測定を行うことはできません。
これらのホルモンに分泌異常が発見された場合、原因が視床下部、脳下垂体、卵巣のどの部位にあるかを知るために負荷試験(LH-RHテスト)を行う場合があります。ゴナドトロピン放出ホルモンを注射し、時間毎のLHとFSHの分泌反応性を評価します。また視床下部-脳下垂体-卵巣系のホルモンに影響を与えるホルモンとして、甲状腺機能検査(TSH:甲状腺刺激ホルモン・FT3・FT4)やプロラクチン(乳汁漏出ホルモン)、HOMA指数(インスリン抵抗性)があり、これらの評価と必要に応じTRHテストなどの負荷試験を行う場合もあります。

ページトップへ戻る