医師外来

医師外来では、妊娠初期から妊娠末期、産後1か月までの妊婦健診を行います。
分娩予定日は、妊娠10週前後に最終生理日か胎児の頭殿長(胎児の頭からお尻までの長さ)から決定します。
分娩予定日が決まると、ベビーカレンダーを発行します。ベビーカレンダーには、各妊娠週数の検査項目、クラスの情報が一覧となっており、妊娠期間中の妊婦健診の内容が分かりやすく記載されています。
当院では妊娠12週から公費の受けられる妊婦健診が始まります。それまでに、母子手帳を地域の保健センターやその出張所で交付してもらいましょう。同時に公費補助の券も支給されます。
 

妊婦健診は、医師外来と助産院健診を交互に受診して頂きます。
妊娠12週、16週、20週、26週、30週、34週、38週、40週が医師外来での妊婦健診となります。
妊婦健診では、毎回体重と血圧の測定、尿検査、および腹囲と子宮底長の測定、下肢のむくみのチェックを行います。
胎児超音波検査は医師および臨床検査技師が毎回行います。当院では経腟超音波診断装置、経腹超音波診断装置ともに4Dシステムを導入しております。条件が合えば赤ちゃんの生き生きとした表情を見ることができます。
帝王切開の予定の方や無痛分娩を希望される方には、妊娠34週から36週の間に、麻酔と手術に関する説明を行います。
 

妊婦健診の最後には、毎回ママカルテを発行しお渡しします。ママカルテには、その日の赤ちゃんの画像や妊娠経過中の赤ちゃんの推定体重の推移、健診結果が印刷されます。またその週数での一般的な赤ちゃんやお母さんの状態、注意点などがコラムとして記載されております。ご参考にされて下さい。

 

ページトップへ戻る